地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    2016年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/07/21(木) 18:41:48.27 ID:


    『バイトAKBに首長族からスカウトが来そうな子がいると話題』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/06/28(火)20:10:20 ID:
    代々木体育館とかスカイツリーすきなんだわ
    3:2016/06/28(火)20:15:16 ID:
    なんかえらそうだからやめた  
    5:2016/06/28(火)20:17:32 ID:

    サンパウロ・ジェエルマビル
    6:2016/06/28(火)20:31:20 ID:
    『【芸術】ほんとにあるのか?こんな建築物』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/08/28(日)23:22:05 ID:

    王の墓からの出土品
    なんなん?これ
    2:2016/08/28(日)23:22:30 ID:
    よくわからんけどえっちな用途に使えそう
    3:2016/08/28(日)23:22:54 ID:
    えぇ…
    5:2016/08/28(日)23:23:03 ID:
    ホンマにこれ出土品なんか?って感じしかしない
    『【文明】古代エジプトの不思議と謎』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/08/30(火) 14:51:50.00 ID:
    ★トナカイ300頭以上が落雷で死ぬ、ノルウェー
    2016年08月29日 22:46 発信地:オスロ/ノルウェー

    【8月29日 AFP】ノルウェー南部に位置し、国立公園に指定されているハダンゲルビッダ
    (Hardangervidda)高原で、300頭を超えるトナカイが落雷で死ぬという珍しい出来事があった。
    当局が29日、明らかにした。

    ノルウェー野生トナカイセンター(Norwegian Wild Reindeer Centre)によると、
    ハダンゲルビッダ高原は、野生のトナカイ約1万頭が生息し、欧州最大の生息地となっている。

    26日に発見されたトナカイの死骸は323頭に上り、幼いトナカイ70頭も含まれていた。
    テレビで放映された映像には、密集して横たわるトナカイの死骸が映っていた。

    ノルウェー環境省の職員によるとこの日、高原一帯は非常に強い嵐に見舞われていた。
    トナカイはもともと社会性が高く群れで行動し、悪天候の際には身を寄せ合う習性があるため、
    一斉に雷に打たれたのではないかという。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3099013

    ノルウェーのハダンゲルビッダ高原で、落雷により死んだトナカイの死骸(2016年8月27日撮影)

    『【海外】落雷でトナカイ300頭以上が死ぬ』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2015/04/03(金) 22:27:23.57 ID:
    アメリカのニュース専門放送局・CNNのウェブ特集にて「日本の最も美しい場所31選
    (Japan’s 31 most beautiful places)」が発表されました。
    日本の美しい風景をまとめたこの特集は、日本人でも「行ってみたい!」と思ってしまう絶景たちがズラリ。
    世界遺産に指定されているものから、日本人でも意外と知らなかったスポットやイベントも入っていました。

    ▼日本の最も美しい場所31選 一覧

    河内藤園(福岡)
    白馬八方池(長野)
    元乃隅稲成神社(山口)
    五箇山 合掌の里(富山)
    蔵王温泉スキー場(山形)

    国営ひたち海浜公園のネモフィラハーモニー(茨城)
    別府ロープウェイ(大分)
    松本城(長野)
    白谷雲水峡(鹿児島)
    高谷池(新潟)

    厳島神社(広島)
    毛越寺曲水の宴(もうつうじごくすいのえん)(岩手)
    嵯峨野(京都)
    小樽雪あかりの路(北海道)
    宇佐神宮(大分)
    大山(鳥取)

    http://news.goo.ne.jp/article/tabetainjya/trend/
    tabetainjya-20150331114130527.html?fr=rk つづく
    『【海外】日本の最も美しい場所31選』の続きを読む

    このページのトップヘ