地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    2018年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/11(木) 18:43:00.66 ID:
    生きたロブスターやイセエビをいきなり頭と胴体部で真っ二つにすると言う方法は日本では珍しくありません。ロブスターやイセエビやカニを、生きたまま沸騰した熱湯の中に放り込むという方法も、一般的に行われています。日本では魚や甲殻類、頭足類(タコやイカ)などの海の生き物の痛みや感情に無頓着な傾向があります。

    〈オーストラリア サウスウェールズ州のガイドライン「魚や甲殻類の人道的な殺し方」〉

    動物福祉の進んでいるサウスウェールズ州のガイドラインで、魚や甲殻類の人道的な殺し方を見ていきます。【補足】は、ガイドラインにアニマルライツセンターが書き足した部分です。

    〈カニやエビなどの甲殻類〉
    最近はレストランやケータリング業界において、甲殻類の扱い方の考えが変わってきた。苦痛をもたらすこと、苦しめることは避けなければならない。
    レストラン、ケータリング業界で使われる甲殻類はロブスター、カニ、ヤビー、マロン、ザリガニ、バルマンバグを含む。これらの生き物を扱う者は捕獲、運搬、収容、殺す時に人道的な方法が取られているか確認しなければならない。

    〈塩水か氷水を使用すること〉
    これらの甲殻類はすべてカットしたり、茹でたり、あぶる前に20分は塩水か氷水につけておく。

    【補足】海洋の甲殻類は真水に漬けてはいけない。
    海洋の甲殻類は、淡水に置かれたときに深刻な浸透圧ショックで、死亡してしまう。苦痛を与える作業を行う前に動かなくなったことを確認する。浸す水は最初にエスキーのような適切なクーラーボックスに、砕いた氷と塩水(海水と同じ塩度で)を入れて作る。氷と塩水の比率は3対1である。
    こうすることで温度を-1度に保つことができる。水温の管理のために十分な氷が使われるべきである。

    〈中枢神経を素早く破壊すること〉
    上記の方法が取れなければ素早く中枢神経を破壊すること。
    是非取ってほしい手順は20分間塩水や氷水に付けた後、素早く中枢神経を破壊することである。ロブスター【補足】イセエビなども含むロブスターは体の縦の線に走る中枢神経がある。刺身(生食)やボイル(調理)するには、縦方向に鋭いナイフで切断することによりこれらの神経中枢を破壊しなければならない。

    切る動作を二回で行うこと。
    ①尾と頭の接合部分近くの正中線を切り、頭に向かって切断する。
    ②尾と頭の接合部近く正中線から尾に向かって切断する。

    ロブスターの切断にはナイフでの切断に木づちを使わなければならない。
    縦に半分に切った後、即座に腰と頭の神経中枢を取り除く。

    -----------

    【補足】良く行われているように尾と頭の接合部分で横に切断するのではなく、
    縦に切断するのが正しいやり方です。



    まず接合部分から頭のほうに向かってナイフを入れ、
    その次に接合部分から尾に向かってナイフを入れて、縦半分に真っ二つにします。

     

    〈行ってはいけない方法〉
    次の方法は苦痛を長引かせるため決して行ってはいけない。
    ・横に切断すること。
    (最初に神経中枢を破壊することなしに頭と腰部を尾から切り離すこと)
    ・前と後ろの神経中枢を破壊する前に部位を解体すること。
    ・20分塩水や氷水につける前にボイルすること。


    図:ロブスターの神経中枢(緑色の部分)


    関連スレ
    【スイス】暴れるロブスターを熱湯に放り込む調理法が禁止に 事前の電気ショックか機械を使った「脳の破壊」による気絶が義務づけ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515654718/

    NPO法人アニマルライツセンター
    http://www.arcj.org/animals/fish/00/id=1169
    2:2018/01/11(木) 18:43:40.08 ID:
    人間じゃねえんだ、人道も糞もあるか
    4:2018/01/11(木) 18:46:00.92 ID:
    まずこれを提案したやつで苦痛や恐怖を感じないか実験ひよう
    5:2018/01/11(木) 18:46:34.46 ID:
    殺さないのが人道ではないのか
    『【話題】〈ガイドライン〉魚や甲殻類の人道的な殺し方』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/13(土)15:41:23 ID:
    フィリピン・マニラ郊外の繁華街に、偽コンビニファミリマートが誕生していた。
    看板は、本物のファミリマートにかなり似ており、遠目からは、お馴染みのファミリマートにしか見えない。

    近くのレストランスタッフによると「昨年の工事中から周辺住民の間には、コンビニが開店して便利になるねなどと話していたんですが、開店してみるとコンビニではなく、韓国製品を売るための売店だったんです。がっかりです」と言う。

    近くには、韓国系のホテルがオープンしたり、アメリカ系のバーの経営者が韓国人に変わったりと、韓国の勢力が増している地域。なにも日本のコンビニの看板を掲げなくても良さそうなものなのだが。日本人旅行者は「入ってビックリです。価格も割高ですし。商品の種類も少ないですし、日本の駅売店の方がはるかに充実していますね」と呆れているほか、駐在経験の長い日本人ビジネスマンは「「パクリ」とは、『朴』『李』と書くのかも知れませんね」と笑っていた。

    無題


    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4868&&country=1&&p=2

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 79◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514007548/
    2:2018/01/13(土)15:42:46 ID:
    損朴弁当ニダ
    3:2018/01/13(土)15:42:52 ID:
    看板の完成度は高いが店舗が雑すぎて草
    4:2018/01/13(土)15:54:11 ID:
    韓国だってLGとか財閥系のコンビニあったような気がするが…
    なんでわざわざ韓国人多い地区に日本企業のパクリショップだすの?
    『【話題】韓国人「偽ファミリーマートつくったニダ」』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/11(木)15:58:52 ID:
    本田技研工業は1月9日(現地時間)米国ネバダ州ラスベガスで開催された「CES 2018」において、人の感情を認識するコミュニケーションロボットのコンセプトモデル「3E-A18」を世界初公開した。

    画像


    ソース
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/ces2018/1100214.html
    2:2018/01/11(木)16:01:03 ID:
    思いのほがテンガでした
    3:2018/01/11(木)16:10:12 ID:
    ダルマやな
    4:2018/01/11(木)16:14:00 ID:
    饅頭型のほうが安定性あってかわいいのに
    『ホンダが公開したロボットがTENGAみたいだと話題に』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/10/31(火) 23:49:44.00 ID:
    スコットランドのとある住宅の庭で発見されたという、ハリが全部無くなった「ハリネズミ」のギャラリー。発見者は最初何の生物か分からなかったものの、預けた先の保護団体の調査により生まれつきハリがないハリネズミである事が判明したそう。








    http://
    2:2017/10/31(火) 23:49:51.59 ID:
    3:2017/10/31(火) 23:50:28.50 ID:
    アルマジロじゃん
    4:2017/10/31(火) 23:50:34.88 ID:
    ハゲネズミ
    『【画像】ハリが全部無くなった「ハリネズミ」をご覧くださいww』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/12/27(水)02:07:19 ID:
    よろしくニキ!
    2:2017/12/27(水)02:08:27 ID:
    どうかワイに癒やしをください
    6:2017/12/27(水)02:12:13 ID:
    しゃあない
    7:2017/12/27(水)02:13:09 ID:
     

    8:2017/12/27(水)02:13:26 ID:





    9:2017/12/27(水)02:14:23 ID:
    >>7
    おはようさん
    10:2017/12/27(水)02:15:19 ID:
    11:2017/12/27(水)02:15:55 ID:




    『動物の面白くて可愛い写真を貼ってクレメンス』の続きを読む

    このページのトップヘ