地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    海外情報

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/13(木) 13:44:04.34 ID:
    米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)は、全米各地で「不気味なピエロ」が目撃され人々を恐怖に陥れている問題を受け、混同を避けるためにマスコットの「ロナルド・マクドナルド(Ronald McDonald)」(日本名「ドナルド」)の使用を一部自粛することを明らかにした。

    ハロウィーンを数週間後に控えた米国では、おぞましい風貌をしたピエロの恰好をして人々を驚かせるいたずらが流行しており、中には武器を手にしたり、強盗などの犯罪に及んだりする者もいる。
    この現象は国外にも広がり、英国やオランダでも恐怖のピエロが目撃されるようになった。

    マクドナルドの広報担当者テリ・ヒッキー(Terri Hickey)氏は米CNNテレビに対して出した声明で、こうした状況に鑑み、ロナルドのイベント参加についての「配慮」を発表。
    「これは、ロナルドを一切登場させないということではなく、さまざまなコミュニティーイベントへのロナルドの参加についての配慮を意味するものです」と述べている。
    AFPBB News
    http://news.livedoor.com/article/detail/12138789/
    2:2016/10/13(木) 13:44:48.53 ID:
    トランプ なみだ目w
    『恐怖のピエロ現象でマスコット「ドナルド」使用自粛』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/02(日)23:41:16 ID:


    あのゴミクズ国家はマジでパクリしかしねーな
    2:2016/10/02(日)23:43:08 ID:
    こんなスレ立ててるお前もゴミクズだけどな
    3:2016/10/02(日)23:44:12 ID:
    日本も昔はパクりまくってたよ
    とレスしに来たら日本のことだった
    4:2016/10/02(日)23:48:59 ID:
    韓国の真骨頂は起源の主張だろうが!何言ってんだ!
    『【悲報】韓国のパクりが酷いと話題ww』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/10(月) 23:30:23.68 ID:
    約1.2トンの巨大カボチャ、世界記録に ドイツ

    ドイツ南部のルートビヒスブルク(Ludwigsburg)で、欧州で最も重いカボチャを決めるイベント「Giant Pumpkin European Championship」が開催された。
    優勝者は、ベルギー人のマティアス・ウィレミンズ(Mathias Willemijns)さんで、出品したアトランティックジャイアントと呼ばれるカボチャの重さは、世界新記録となる1190.5キロだった。(c)AFP
    ▽引用元:AFPBBNews 発信地:ルートビヒスブルク/ドイツ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3103804

    独南部ルートビヒスブルクで開催された巨大カボチャを競うイベントで、重さ1190.5キロで優勝したカボチャ。(c)AFP/THOMAS KIENZLE

    独南部ルートビヒスブルクで開催された巨大カボチャを競うイベント。(c)AFP/THOMAS KIENZLE
    2:2016/10/10(月) 23:54:04.85 ID:
    ぎゃあああああああああああああああああああああ
    3:2016/10/11(火) 00:26:18.10 ID:
    ドーピングしてるんだろうなぁ。
    4:2016/10/11(火) 00:37:16.79 ID:
    アトランティックが世界最強なのか

    >>3
    鎖とか入れるやつがいるからレントゲン撮るはず
    『巨大カボチャイベント世界新記録1190.5キロ』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/06(木) 07:29:31.24 ID:
    クモの巣シートで長距離運転も疲れ知らず――。
    トヨタ自動車がパリ・モーターショーに一風変わった座席を出品中だ。背もたれや座面にクモの巣状の網を張り、運転手を包み込むデザイン。カーブを曲がったり起伏のある路面を走ったりしても目線がぶれず、長い時間運転しても疲れにくいという。

    クモの糸は強度と伸縮性に優れ、「世界で最もタフな繊維」と呼ばれる。今回は慶応義塾大学発のベンチャー企業が人工的に合成したクモ糸の繊維を背もたれの裏側に採用し、衝撃吸収力を高めた。網目のデザインにしたのは、シートを薄く、車を軽くするねらいもある。

    シートはトヨタの高級車のレクサスブランドで出品した。搭載を前提としない試作モデルのため、価格は公表していない。(山本知弘)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000024-asahi-bus_all
    『レクサスが開発した「蜘蛛の巣シート」』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/07(金) 17:10:24.98 ID:
    今年6月に鳴り物入りでオープンした米ウォルト・ディズニーの上海リゾートについて、これまでの入場者数は事前予想を大幅に下回るとの見方をアナリストが示した。これに対してディズニーは、実績は期待以上と反論している。

    野村証券のアナリスト、リチャード・フアン氏によると、上海ディズニーは値段に厳しい中国の消費者の間でそれほどのブームを巻き起こすには至っていない。「中国人の同パークに対する関心はやや薄れたようだ」と同氏は言う。

    地元メディアによれば、入場者は人気の乗り物に長蛇の列ができることや、飲食費の高さに不満を募らせているという。

    フアン氏の推定によると、開園以来の入場者数は1日当たり平均で2万人前後。年間に換算すると約730万人となり、野村証券などのアナリストが予想していた1500万人の半分にも満たない。

    業界団体によると、昨年1年間の入場者は米カリフォルニア州にあるディズニーのテーマパークが1830万人、東京ディズニーランドは1660万人だった。

    一方、ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツは、上海ディズニーの入場者数に関する臆測について「無意味」だと反論、「開業から100日の業績は我々の期待を上回り、ゲストの反応も極めて好調」だと強調した。ただ、予想をどの程度上回っているのかを示す具体的な数字は明らかにしていない。

    大規模テーマパークが軌道に乗るまでには時間がかかり、特に中国は難しいとフアン氏は解説、「まだ開業してから3カ月ほどしかたっていない。ディズニーがすぐに軌道に乗せられるとは思っていなかった」と話している。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/showbiz/35090215.html
    2:2016/10/07(金) 17:11:19.63 ID:
    バカ高い投資になったなw  
    『【経済】上海ディズニー入場者数が予想の半分』の続きを読む

    このページのトップヘ