地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    都市伝説

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1:2015/07/06(月) 21:06:46.45 ID:
    最速の飛脚だと、江戸~大坂(約500㎞)を3日で走ったらしい
    1日に166㎞走るとかヤバすぎ
    2:2015/07/06(月) 21:07:08.48 ID:
    ( ´・ω・` )y
    『江戸時代の飛脚が速すぎてスゴイwww』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/06/07(火) 14:44:12.67 ID:



    https://twitter.com/reverse_concept/status/739684395255111680

    謎の巨大な球体が出土し「未発見の文明の痕跡」と発表されるも専門家の意見は分かれる

    東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家であるボスニア・ヘルツェゴビナで、半径がおよそ1.2メートルから1.5メートルある、高濃度の鉄分を含有する「石の球体」が発見されました。

    発見者である考古学者のSemir Osmanagic博士は「1500年以上前の文明で作られた人類最古の球体かもしれない」と主張していますが、専門家の間では自然現象の「コンクリーション」ではないか、など意見が割れています。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11610288/

    2:2016/06/07(火) 14:45:03.06 ID:
    コンクリーションだろこれ
    3:2016/06/07(火) 14:45:38.43 ID:
    烈海王は諸国を周り
    4:2016/06/07(火) 14:45:41.97 ID:
    古代兵器ブリオン
    『【謎】世界各地の正体不明の球体たち』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2015/05/13(水)20:52:02 ID:
    仏教に帰依した人間に善い生き方を勧めるよう、絵師に地獄を描かせた
    死後(八大)地獄道に落ちたらどうなるか
    地獄行きという罪を視覚的に強調させた、それが地獄絵


    仏典の八大地獄の描写はホラーなれした現代人すら恐怖心を感じる
    この地獄絵をみた当時の人はどう考えたのだろう

    恐ろしい絵だが地獄絵に惹き付けられる人は多い
    2:2015/05/13(水)20:54:34 ID:

    河鍋暁斎作

    3:2015/05/13(水)21:02:49 ID:
    生き地獄には身近に遭ったと思うけどね。
    4:2015/05/13(水)21:13:46 ID:

    日本では、平安時代に確立された地獄絵
    飢饉や病、貧困に死の恐怖
    今では治る多くの流行り病、撲滅した天然痘等・・・
    >>3
    現代に生きる自分たちも変らない生き地獄に晒されている
    地獄の苦しみは形を変えて今だにある
    生きていれば苦しみも楽しみもあるが、地獄に堕ちれば苦しみだけ永遠に・・・
    『【閲覧注意】恐怖!? 地獄絵の美しさ』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/05(水)01:00:53 ID:
    つい最近、ネッシーの存在、そしてそれに対してこれから行われるだろう検証の方向性を考える上で、きわめて重要な写真が公表された。
    問題の写真を撮影したのは、これまで「ネッシーなんて信じない」と公言していた女子学生だ。


    ジョリーン・リンが写真に収めたのは、蛇のような形状の頭部を水面に出した生物だ。イギリスの新聞『サンデー・ポスト』紙の取材に対し、彼女は次のように語る。

    「私がネス湖に行った日は天気が悪かったんです。霧雨が降る中、遊覧ボートのデッキにずっと立っていました。
    船が出てしばらく経って、進行方向の右側をふと見たら、かなり遠くではありますが、水面に蛇の頭のようなものが突き出ているのが見えました。
    しばらくそのままの状態で、再び水の中に消える前に少しだけ動きました。見つけてすぐにカメラを取りだし、連写モードで、何とかとらえることができました」

    本国イギリスでは、すでにリサーチャーの間で大きな話題になっている。
    少し前にコブ状の物体が並んで動いている様子をとらえたビデオも公表されたが、今回の写真は、ネッシーが首長竜である可能性を再浮上させるインパクトがある。

    ネッシーといえば、有名な〝外科医の写真〟以来80年以上にわたって存在に関する検証が重ねられてきた。世界的に有名になったあの写真は残念ながらフェイクであったことが確認されているが、検証の対象となってきたのはネッシーだけではない。

    ネス湖と近隣の湖が地下でつながっているとか、ネス湖と北海をつなぐ地下水路があるという説も取りざたされてきた。さらには、ネス湖のどこかに時空間連続体のポータルがあって、そこからネッシーが出入りしているという説が持ち上がったこともある。


    水中のネッシーをとらえたとされる映像や画像にも再検証が加えられ、頭部から胴体、そしてヒレの部分にまで至る詳細なイラストも新しく描き起こされた。

    『オフィシャル・ロッホネス・モンスター・サイティング・レジストリー』という目撃例報告サイトには、今年だけでも5件の目撃例がアップされている。

    http://gakkenmu.jp/column/8207/
    2:2016/10/05(水)06:13:37 ID:
    (´-ω-`)ムー
    3:2016/10/05(水)06:51:54 ID:
    ちーす
    4:2016/10/05(水)07:42:06 ID:
    広い風呂場でよくやる
    『【UMA】ひさしぶりにネッシーさんが撮影される』の続きを読む

    このページのトップヘ