地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    社会問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/11/06(日) 09:40:09.35 ID:
    影が薄い。遠い。どこにあるか分からない。
    ダサい……そんなふうに言われて半ば無視され続けてきた、北関東がいま熱い。
    時代遅れだったはずのヤンキー文化が、一周回って最先端になったのか? 

    ■そこは「世界の果て」なのか

    〈あなたも一度は聞いたことがあるだろう……世界の果てにあるという魔境、GUNMAを……そこでは毎日のように戦争が行われ、飢餓に苦しむ子供たち……飢餓を生き延びようとも、戦場に駆り出されることになるのだが……〉

    群馬県出身の30代男性が言う。

    「個人的には、ネットなんかで『未開の地グンマー』と呼ばれて、茶化してもらえるのは、悪くない気分です。北関東の住民って、ずっと自分たちのことをどう主張していいか分からなかったんですよ。
    だから、最近は他県の人には、自分から『グンマー出身です』と言って自己紹介することもあります。 意外とリアクションは薄いですけど」

    関東1都6県の中で、県庁所在地が東京から100km離れていて、普段は都民にも関心を向けられることがない。まして他地域の住民からは「どこにあるんだっけ? と言われてしまう
    ――群馬、栃木、茨城の「北関東三兄弟」は、今までそんな不遇をかこってきた。

    だがその中で、一部の人からにわかに「あそこは日本ではない」「魔境」などと呼ばれ、盛んにいじられるようになった県がある。長男・群馬県、人呼んでグンマーである。

    ネット上では、冒頭のような「未開の地グンマー」のギャグ解説にとどまらず、アフリカの砂漠に建つテントのような小屋の写真に、「埼玉県境から車で20時間ここが群馬県庁である」とか、巨大なトラの写真に「ノラ猫も前橋市内では、貴重な食料である」なんて一文が書き加えられていたりする。

    あまりの人気に、「いい言葉だと思いますよ、未開の地。これから発展できる」(大澤正明県知事)
    『ヤンキー王国!! 群馬・栃木・茨城「北関東三兄弟」がおもしろい』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/11/08(火) 06:59:14.40 ID:
    双頭のサメなど、映画の中の作り物のように思われるかもしれない。
    けれども科学者によると、そうしたサメはたしかに実在し、しかも、
    世界中で発見例が増えているという。


    *+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+*
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110700421/ 

    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    3:2016/11/08(火) 07:00:00.00 ID:
    放射能
    4:2016/11/08(火) 07:00:17.48 ID:
    ジョーズ2
    5:2016/11/08(火) 07:00:51.62 ID:
    ダブルヘッド・ジョーズって映画あったな
    『頭が2つあるサメが世界で増加・・原因不明』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/27(木) 12:56:41.21 ID:
    「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 過労自殺に至る心境と教訓を綴った体験漫画に共感の声

    「昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました」――ツイッターに投稿された漫画「『死ぬくらいなら辞めれば』ができない理由」に共感の声が殺到している。

    「『死ぬくらいなら辞めれば』ができない理由」は、イラストレーターの汐街コナさんが自身の経験をもとに描いた8ページの漫画。
    月に90時間から100時間残業していた頃、死にたいと思ったことは一度もなかったにも関わらず、ホームに迫る電車を見て「今一歩踏み出せば明日は会社に行かなくていい」と閃いた。
    この時は踏み出す前に電車が来て踏み留まることができたが、素晴らしいアイデアに思えたという。

    この経験を振り返って汐街さんは、「過労自殺と聞くと『死ぬくらいなら辞めればいいのに』と、思う人は多いでしょうがその程度の判断力すら失ってしまうのがブラックの恐ろしいところなのです」と綴っている。

    漫画では例えとして、元気な時は「退職」「転職」「サボる」といった多くの分かれ道や扉が見えているが、真面目な人ほどそれを「親に心配かけたくない」などと塗りつぶしてしまう様子が描かれている。

    そして、何度も塗りつぶしているうちに、長時間労働が思考力や視界を奪い、残された道は到底登ることができない崖のみになり、力尽きてしまう。

    最後のページでは、「『まだ大丈夫』のうちに判断しないと判断自体ができなくなってしまいます」と、心療内科の受診やとにかく寝ることを推奨。
    それも無理なら安全な場所で座り込んで救急車に運ばれるという選択肢を提示し、「世界は本当は広いのです 忘れないでください」と綴っている。

    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1026/blnews_161026_6907765138.html
    2:2016/10/27(木) 12:56:56.35 ID:







    3:2016/10/27(木) 13:00:19.13 ID:
    洗脳に染まりやすい奴を探す能力に長けているのがブラック企業
    4:2016/10/27(木) 13:00:34.06 ID:
    さっさと死ねよ
    『過労自殺・・漫画「『死ぬくらいなら辞めれば』ができない理由」が話題』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/30(日) 11:16:53.36 ID:
    東京・江戸川区の住宅街で、頭に下着をかぶった全裸の男が立っているのを帰宅途中の住民が目撃し、110番通報した。

    警視庁小松川警察署によると、江戸川区一之江3丁目の路上を歩いていた女性が、全裸の男を目撃した。男は20代前後と若く、身長は170センチくらい、中肉体型で丸顔で顔には白の下着をかぶっていたという。

    現場は都営新宿線「一之江駅」に近い、環七通りと新中川の中間に位置する住宅街で、 警察が公然わいせつ事件として男の行方を追っている。


    ソース ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/7/17563.html
    画像
     
    http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/7/5/17563/bohanhadaka.JPG
    『【東京】頭にパンツをかぶった全裸男が出現wwww』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/10/24(月) 12:59:19.69 ID:
    インドネシア首都で「ネズミ一掃作戦」 1匹捕獲で報酬160円
    2016年10月24日 11:41 発信地:ジャカルタ/インドネシア

    【10月24日 AFP】インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)は世界最大規模の人口過密と環境汚染問題を抱えた巨大都市だ。
    そのジャカルタ市が路上のネズミ駆除作戦に乗り出した。ネズミを捕獲した住民に報酬として1匹につき2万ルピア(約160円)を支払うという。
    市では、ごみが散乱した道路やスラム街で日常的に大量のネズミが目撃される1000万人都市ジャカルタの美化につながると、「ネズミ撲滅運動」に期待を寄せている。

    この計画を政府系ニュースサイトで公表したジャカルタ市副知事は、ネズミの捕獲方法や、報酬の対象となるのは生け捕りにしたネズミか、それともネズミの死骸なのかなどは明らかにしていないが、代わりにネズミの捕獲に銃器の使用は控えるようにと訴えた。英字紙ジャカルタ・ポスト(Jakarta Post)は「可能であれば、銃は使わないでほしい」「もし撃ち損ねたら、弾が他の人にあたってしまうかもしれない」と語る副知事コメントを掲載している。

    市当局はネズミが持ち込まれると捕獲者に報酬を支払い、ネズミは衛生当局に送って土中に埋めて処分するという。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3105230

    インドのムンバイで、捕獲したネズミを見せる少年 AFP/SEBASTIAN D'SOUZA
    3:2016/10/24(月) 13:00:23.34 ID:
    ネズミが発生しない環境を作るのが先では?
    4:2016/10/24(月) 13:00:57.33 ID:
    繁殖させるニダw
    5:2016/10/24(月) 13:01:10.63 ID:
    ぬこ仕事しろ
    『インドネシア首都で「ネズミ一掃作戦」 1匹捕獲で報酬160円』の続きを読む

    このページのトップヘ