地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    驚愕・感動

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/05/31(水) 13:25:51.25 ID:
    2:2017/05/31(水) 13:26:40.47 ID:
    草生えた
    3:2017/05/31(水) 13:27:36.05 ID:
    事故が渋滞してるンゴ
    5:2017/05/31(水) 13:29:08.34 ID:
    ツッコミどころ多すぎや
    『これより運転マナーが悪いgifってあるか?』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/08/18(金)10:48:38 ID:
    【簡単に説明すると】
    ・南極で100年以上前のケーキが発見される
    ・しかも食べることが可能
    ・イギリスのビスケット会社の製品

    100年前のケーキ



    100年以上前に、南極を探検した人が残したケーキが発見され話題になっている。
    そのケーキはケースの中に入っており更に紙に包まれている。驚くべきことに食べることができる保存状態だったという。
    8月11日、ニュージーランド南極遺産保存財団(Antarctic Heritage Trust)は、106年が経過したケーキを発見と発表。ケーキが入れられたケースは腐敗していたが、ケーキは問題なく食べることができる。

    ケーキはドライフルーツが入ったパウンドケーキのような物だった。このケーキは、1910~1913年にイギリスの探検家ロバート・ファルコン・スコットが導いた「テラ・ノヴァ探検隊」が残したものと推定される。ケーキが見つかった場所から最初のベースキャンプの小屋と特定。


    (以下略)

    ゴゴ通信 8月15日
    http://gogotsu.com/archives/32310
    2:2017/08/18(金)10:53:13 ID:
    冷凍保存技術の参考になるんじゃ
    輸入食肉なんかは…いや、なんでもない…
    3:2017/08/18(金)11:04:33 ID:
    ケースは腐ってたが中身は無事って
    かえって怖いんですが
    4:2017/08/18(金)11:10:26 ID:
    腐ってるかもしれないから置いて行ったんじゃねえの?殆ど食べてないじゃん!

    5:2017/08/18(金)11:18:17 ID:
    アルコール利かせてるケーキだと大丈夫かもね
    古いワインが飲めるように
    6:2017/08/18(金)11:27:12 ID:
    ただし腹を壊す
    『100年前のケーキが南極で発見される しかも食べることの出来る状態!』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/08/16(水)20:08:30 ID:
    2:2017/08/16(水)20:08:49 ID:
    おい
    3:2017/08/16(水)20:09:40 ID:
    おわかりいただけただろうか
    4:2017/08/16(水)20:10:11 ID:
    www
    『【画像】女のドレス姿っていいよなぁ....』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/08/07(月)20:48:11 ID:

    隣の男はこの昼の育ての親兼餌
    餌は1日で血液500mlらしいで
    2:2017/08/07(月)20:48:46 ID:
    ナマコかな?
    3:2017/08/07(月)20:49:38 ID:
    500mlも飲むんか
    毎日レバーやほうれん草取らないと殺されそう
    4:2017/08/07(月)20:49:53 ID:
    虚ろすぎる
    『【グロ中尉】世界一大きいヒルがこちら』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/08/07(月)21:54:59 ID:
    【アメリカ】




    【日本】





    よく日露戦争勝てたもんやな
    2:2017/08/07(月)21:56:11 ID:
    >>1
    日本の方は田舎やないの?
    3:2017/08/07(月)21:57:24 ID:
    >>2
    田舎やで
    4:2017/08/07(月)21:58:11 ID:
    まーたおんJ民が偏った比較をしてしまったのか
    『1905年のアメリカと日本の差が物凄いとわいの中で話題に』の続きを読む

    このページのトップヘ