地球で起きるさまざまな出来事をまとめたニュース

    動物・昆虫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/26(金)13:39:02 ID:
    PHOTOS: STRANGE PHENOMENON LEFT DOG STUCK IN TREE FOR ALMOST 60 YEARS WITHOUT ROTTING
    http://www.newsweek.com/photos-strange-phenomenon-left-dog-stuck-tree-almost-60-years-without-rotting-784863

    【画像・閲注】
    2:2018/01/26(金)20:52:59 ID:
    どっぐなってんの?
    3:2018/01/26(金)21:05:54 ID:
    狩猟犬か


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/21(日)09:47:04 ID:

    2:2018/01/21(日)09:48:05 ID:
    3:2018/01/21(日)09:48:51 ID:
    ギロチーヌ
    4:2018/01/21(日)09:48:53 ID:
    >>2
    ボウカンギーヌ

    5:2018/01/21(日)09:49:15 ID:
    晒しくびぃーぬ
    6:2018/01/21(日)09:49:20 ID:
    イヌガミーヌ
    7:2018/01/21(日)09:49:23 ID:
    柴はほんまにええ犬やて
    8:2018/01/21(日)09:49:44 ID:
    9:2018/01/21(日)09:50:11 ID:
    いつもの
    10:2018/01/21(日)09:50:14 ID:
    >>7
    なおちゃんと育てないとチンピラになる模様
    11:2018/01/21(日)09:51:00 ID:
    >>10
    好奇心の塊みたいな犬やしな
    12:2018/01/21(日)09:51:19 ID:
    犬ってより寒くなってくると雪に潜るらしいで
    ソースはタロージロー物語
    13:2018/01/21(日)09:53:03 ID:
    >>12
    よく生きてたよな。しかもおいてかれたのに顔覚えてたみたいやし
    14:2018/01/21(日)09:55:11 ID:
    かわE
    15:2018/01/21(日)09:57:11 ID:
    >>13
    南極くらい寒いと外より雪の中の方がマシなんやと
    ちなジロー、よく狩って食ってたアザラシ肉にあたったらしく、東京帰って数ヶ月で死んだもよう……
    16:2018/01/21(日)10:15:49 ID:
    カワヨ
    17:2018/01/21(日)10:16:35 ID:
    18:2018/01/21(日)10:16:38 ID:
    かわいい
    19:2018/01/21(日)10:22:24 ID:
    20:2018/01/21(日)10:24:51 ID:

    『【朗報】雪にウマリーヌ、見つかる』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/07(日)12:55:20 ID:
    かわいすぎるのだ…w
    6:2018/01/07(日)12:57:25 ID:
    ぐうかわ
    7:2018/01/07(日)12:57:50 ID:
    ちゅ~ん(笑)

    10:2018/01/07(日)12:58:10 ID:
    恥ずかしくないの?
    11:2018/01/07(日)12:58:29 ID:
    >>10
    キンタマかな?
    12:2018/01/07(日)12:58:31 ID:
    もっと
    13:2018/01/07(日)12:58:40 ID:
    鍋に入ってるつみれかな?
    14:2018/01/07(日)12:59:00 ID:
    もふもふの羽毛にちんちん突っ込んでちんこたつ!wってやりたい
    15:2018/01/07(日)12:59:03 ID:
    うまそうだにゃん
    16:2018/01/07(日)12:59:10 ID:
    ねこかな?
    17:2018/01/07(日)12:59:37 ID:
    かわE
    『冬毛になってパンパンの鳥さんたち……wwww』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/01/11(木) 18:43:00.66 ID:
    生きたロブスターやイセエビをいきなり頭と胴体部で真っ二つにすると言う方法は日本では珍しくありません。ロブスターやイセエビやカニを、生きたまま沸騰した熱湯の中に放り込むという方法も、一般的に行われています。日本では魚や甲殻類、頭足類(タコやイカ)などの海の生き物の痛みや感情に無頓着な傾向があります。

    〈オーストラリア サウスウェールズ州のガイドライン「魚や甲殻類の人道的な殺し方」〉

    動物福祉の進んでいるサウスウェールズ州のガイドラインで、魚や甲殻類の人道的な殺し方を見ていきます。【補足】は、ガイドラインにアニマルライツセンターが書き足した部分です。

    〈カニやエビなどの甲殻類〉
    最近はレストランやケータリング業界において、甲殻類の扱い方の考えが変わってきた。苦痛をもたらすこと、苦しめることは避けなければならない。
    レストラン、ケータリング業界で使われる甲殻類はロブスター、カニ、ヤビー、マロン、ザリガニ、バルマンバグを含む。これらの生き物を扱う者は捕獲、運搬、収容、殺す時に人道的な方法が取られているか確認しなければならない。

    〈塩水か氷水を使用すること〉
    これらの甲殻類はすべてカットしたり、茹でたり、あぶる前に20分は塩水か氷水につけておく。

    【補足】海洋の甲殻類は真水に漬けてはいけない。
    海洋の甲殻類は、淡水に置かれたときに深刻な浸透圧ショックで、死亡してしまう。苦痛を与える作業を行う前に動かなくなったことを確認する。浸す水は最初にエスキーのような適切なクーラーボックスに、砕いた氷と塩水(海水と同じ塩度で)を入れて作る。氷と塩水の比率は3対1である。
    こうすることで温度を-1度に保つことができる。水温の管理のために十分な氷が使われるべきである。

    〈中枢神経を素早く破壊すること〉
    上記の方法が取れなければ素早く中枢神経を破壊すること。
    是非取ってほしい手順は20分間塩水や氷水に付けた後、素早く中枢神経を破壊することである。ロブスター【補足】イセエビなども含むロブスターは体の縦の線に走る中枢神経がある。刺身(生食)やボイル(調理)するには、縦方向に鋭いナイフで切断することによりこれらの神経中枢を破壊しなければならない。

    切る動作を二回で行うこと。
    ①尾と頭の接合部分近くの正中線を切り、頭に向かって切断する。
    ②尾と頭の接合部近く正中線から尾に向かって切断する。

    ロブスターの切断にはナイフでの切断に木づちを使わなければならない。
    縦に半分に切った後、即座に腰と頭の神経中枢を取り除く。

    -----------

    【補足】良く行われているように尾と頭の接合部分で横に切断するのではなく、
    縦に切断するのが正しいやり方です。



    まず接合部分から頭のほうに向かってナイフを入れ、
    その次に接合部分から尾に向かってナイフを入れて、縦半分に真っ二つにします。

     

    〈行ってはいけない方法〉
    次の方法は苦痛を長引かせるため決して行ってはいけない。
    ・横に切断すること。
    (最初に神経中枢を破壊することなしに頭と腰部を尾から切り離すこと)
    ・前と後ろの神経中枢を破壊する前に部位を解体すること。
    ・20分塩水や氷水につける前にボイルすること。


    図:ロブスターの神経中枢(緑色の部分)


    関連スレ
    【スイス】暴れるロブスターを熱湯に放り込む調理法が禁止に 事前の電気ショックか機械を使った「脳の破壊」による気絶が義務づけ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515654718/

    NPO法人アニマルライツセンター
    http://www.arcj.org/animals/fish/00/id=1169
    2:2018/01/11(木) 18:43:40.08 ID:
    人間じゃねえんだ、人道も糞もあるか
    4:2018/01/11(木) 18:46:00.92 ID:
    まずこれを提案したやつで苦痛や恐怖を感じないか実験ひよう
    5:2018/01/11(木) 18:46:34.46 ID:
    殺さないのが人道ではないのか
    『【話題】〈ガイドライン〉魚や甲殻類の人道的な殺し方』の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/10/31(火) 23:49:44.00 ID:
    スコットランドのとある住宅の庭で発見されたという、ハリが全部無くなった「ハリネズミ」のギャラリー。発見者は最初何の生物か分からなかったものの、預けた先の保護団体の調査により生まれつきハリがないハリネズミである事が判明したそう。








    http://
    2:2017/10/31(火) 23:49:51.59 ID:
    3:2017/10/31(火) 23:50:28.50 ID:
    アルマジロじゃん
    4:2017/10/31(火) 23:50:34.88 ID:
    ハゲネズミ
    『【画像】ハリが全部無くなった「ハリネズミ」をご覧くださいww』の続きを読む

    このページのトップヘ